旅先には必須のアモバンで翌日スッキリの睡眠薬

MENU

超短時間作用型の睡眠薬

【睡眠薬のあれこれ】
不眠症といっても様々なタイプがあります。
・入眠障害
・早朝覚醒
・中途覚醒
・熟眠障害
これを分けると、「眠りに付きにくい」ものと「寝てから」のことに分けることが出来ます。
ちなみに一番上の「入眠障害」だけが眠りにつくのを困難にする症状です。
今回は、そんな入眠障害に良く効く「アモバン」という睡眠薬について解説していきます。

【アモバンとは】
日本では1989年に認可がおりた、「速効性」が特徴になります。
ちなみに、その早さは世界最速と言われるほど早いです。
すでに30年以上国内でも使用されているので、その実績は高い薬です。
系統としては「非ベンゾジアゼピン系」となり、副作用が少ない系統ですが、「口の苦み」が副作用として起こりのが特徴です。
服用してから30分もすれば、次第に胃から苦みがこみ上げてきて、徐々に口の中が苦みで満たされます。
ちなみに、次の日の朝も残る人は残ります。

【アモバンの作用】
不安や緊張感といった脳内の神経の興奮を抑える作用があります。
それによって、からだがリラックスした状態へと移行するので、自然に近い形で眠りにつくことが出来るようになります。
この効果は服用から15分ほどで期待できるので、眠りにつけない入眠障害の人にはピッタリな睡眠薬となっています。
また半減期が4時間とされているので、翌日に効果を持ち越してしまう事も少ないので、起床時に「ふらつき」や「眠気」が残らない特徴があります。

【通販での購入】
アモバンを通販で安く購入することができます。
しかし、注意が必要になるのは「依存症」です。
効きも強く、切れも良いので頼りがちになり、連日使用するとあっという間に依存してしまいます。
特に寝付きが悪い時の補助薬程度に考えて、使用しなければなりません。
通販で購入することに問題はありませんが、薬の管理は個人になるので服用の調整などをしっかりと行ったいかなければなりません。