旅先には必須のアモバンで翌日スッキリの睡眠薬

MENU

アモバンジェネリック

今回は「アモバンジェネリック」についてご紹介。
そもそもアモバンとは、どんな薬かをご存知でしょうか??
これは寝付きの悪さを改善し、自然に近い形で眠れる睡眠導入剤です。
つまり、不眠症の症状の1つとされる「入眠障害」を改善してくれます。
「寝付きが悪い・・・」「なかなか眠れず、気付いたらこんな時間・・・」など、眠れないことはからだを休めることが出来ないだけでなく、精神的にも苦痛を伴います。
日中に眠気が現れてしまい、仕事や学校、家事など日常生活に支障を来すようにもなります。
原因の1つとして、神経の興奮や緊張、あるいは不安感などが原因となって頭が冴えてしまい眠りになかなか付く事ができなくなります。
例えば・・・
何でも良いので寝る前に気になることがあったとします。
すると考え込んでしまい、気付いたら朝になってたなんて経験をお持ちの人も少なくないはず。
これが悪化してしまうと睡眠障害を起こします。
アモバンジェネリックである「ゾピクロン」は、就寝前に1錠を服用することで、次のような作用をもたらしてくれます。
BZD受容体と呼ばれる、人のリラックスなどを司る神経が集合している部位に作用します。
すると、興奮状態にある脳を鎮めることができ、心身ともにリラックスした状態へと導いてくれます。
なので、すぐに眠りにつくことが出来るようになります。
睡眠導入剤としてご紹介していますが、睡眠薬とは違いはありません。
ただ、作用時間が非常に短いものは睡眠導入剤と考えられていて、アモバンジェネリックの作用時間は長くても4時間とされています。
つまり睡眠障害でも入眠障害以外の場合には、服用してもあまり効果は得られません。
なのでカンタンに言うと、眠りに付く事に特化した睡眠薬と言うことが出来ます。
睡眠障害を治療出来る便利な薬となりますが、常用することだけは避ける必要があります。
からだに睡眠薬への耐性がついてしまいます。
なので、「特に今日は寝れないな・・・」という場合にのみ使用することを心掛けなければありません。