旅先には必須のアモバンで翌日スッキリの睡眠薬

MENU

不眠症の詳細

不眠症を引き起こしてしまう原因は人によって全然違います。同じような症状が起きている場合でも原因によって治療方法や対策方法は全く異なります。最近不眠症で悩んでいるという場合であれば、根本的な理由が何なのかをはっきりと知っておきましょう。
良く知られる不眠の症状は、入眠障害、中途覚醒、早期覚醒、熟眠感欠如となります。入眠障害は寝付くのに30分以上経っても眠れないというもので、中途覚醒は眠っている途中に目覚めてしまい寝付けなくなるというもので、早期覚醒は朝早く目が覚めてしまうというもので、熟眠感欠如は眠った気がしないというものです。この4つが組み合わさってしまうこともあります。
睡眠障害になってしまう理由は人によって違います。理由によっては生活習慣を変えるだけで元通りになることもありますが、医師による診察が必要になることもあります。ここからは睡眠障害になってしまう理由をご紹介していきます。まず一つ目の理由が心理的なものです。家族が亡くなったり、友人が亡くなったり、仕事上のトラブルなど何らかのストレスと関係して起こってしまうものです。
二つ目の理由は身体的なものです。外傷や関節リウマチ、湿疹、蕁麻疹、喘息発作、頻尿、花粉症など体の病気などが理由で起こるものです。これは身体的な病気などを治療すると改善されていくことがほとんどです。三つ目の理由は不安と抑うつです。憂鬱な状態が続いてしまったり、今まで楽しいと思っていたことが楽しめなくなっているときはうつ病の可能性があります。うつ病になってしまうとこれが理由で眠れなくなる場合があります。慢性的に睡眠不足が続いている場合の3分の1以上は精神的な疾患を持っていることが多くなっています。四つ目の理由は薬が理由となっているものです。今現在常用している薬やお酒、カフェイン、ニコチンなどが理由で眠れなくなることがあります。代表的なものとしては抗癌剤、自律神経に働きかけるもの、ステロイドなどとなります。服用している薬やお酒、喫煙、カフェインの習慣がないかを確認しましょう。ドリンクなどには案外カフェインが含まれているので気を付けましょう。五つ目は生理学的なものです。海外旅行や海外への出張で起こる時差ボケや生活リズムが昼夜逆転してしまうと、眠る機能が低下するため眠れなくなってしまうことがあります。
このように理由は様々あるため、自分がなぜ眠れないのかきちんと知っておきましょう。自分が眠れない理由を把握した上で対策を行っていかないと効果が得られないので気を付けましょう。